fc2ブログ

記事一覧

天上天下唯我独尊

天上天下唯我独尊
今日は2021年10月27日です。
おはよう。
朝10時27分です。不思議(ふしぎ)と日にちと同じやね。
「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」というお釈迦様の言葉があります。
あまりにも有名な言葉やね。
真悠は知ってるかな?
全ての世界で自分ほど尊い者はいない。という意味で言われることが多く、
私が一番だと、己惚(うぬぼ)れると解釈され、
悪い意味で使うことが多くなっている。
でもお釈迦様は違っていて、
仏教では、
私が尊いというのは全ての人に当てはまることなので、
私たち一人ひとりが尊いと仰っていると解釈しています。
だから生まれてきた命すべてを大切にしようということです。
その通りだと思う。
真悠はどうかな?
でもお父ちゃんの解釈はちょっとだけカッコいいよ。
実は今日思いついたことやねんけど。

この世界、今私たちがいる世界は2つのもので出来上がっている。
それは自然が作り出したものと人間が作り出したもの(加工したもの)である。
人間のみが唯一(ゆいいつ)自然が作り出したものを加工して暮らしを立てている。
真悠の周りを見てごらん。
自分が作り出したものは何もないよ。
みんな自然が作ったものか、他の人が作ったものばかりと気づくね。
自然と他の人のお陰で生きていけてることに気づくでしょう。
ありがとう、やね。
だから、究極(きゅうきょく)2つに分類(ぶんるい)されるね。
人間には自然が作り出すことができる力=心が備えられているとも言えるかな。
だからこそ他のものや命を大切にしていく道を学び、進まないといけないね。

天上天下・・・・・天上つまり天の上とは、宇宙。果て知れない広大な宇宙空間。さらに過去、何億年、何兆年もの
          想像もできない過去の時間。そして何億年、何兆年もの永遠の未来。それほどの大きさ。
          天下つまり天の下とは、この地球に生きる数字で表せないくらいの生き物、空気、水、大地。
唯我独尊・・・・・唯(ただ)その(天上天下)尊さ、大自然が作り出した大きな時間空間、
          さらにそれを超えた大いなる力(それをお釈迦様は阿弥陀の慈悲と呼んだ)、心
          を我一人知ることができた。
          誰一人ひとりでは生きていけない。
          みんなが助け合って、この広大な時間空間の中で生かされている。
          この喜びと有難さを一人ひとりの我(みんな)が知り、感謝しなさい。

と、お父ちゃんは解釈するよ。
我が尊いの意味もあるけど、
天上天下をまずは尊いとし、それを知る我も我々も尊いと考える。
お釈迦様の言葉を中国語に翻訳したときに「唯我独尊」としたのを、
お父ちゃんは「唯尊我独」とした方が意味が通じたかも知れないなと、勝手に思う。
「天上天下唯尊、我独」なんてね。

写真きれでしょう。
10月24日朝6時44分の家のベランダから撮った写真。
海の上にお月様が光っているね。
お日様は東の山からちょっとだけ顔を出したところ。
宇宙はすごいね。
じゃあ、またね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mahalo1116

Author:mahalo1116
橋口輝雄です。
大きくなっていく真悠にメッセージを送っています。
父がこんなにも真悠を愛していたと、伝わればいいね。
真悠は愛されていたんですよ。
だから大丈夫。
生きていれば苦労の連続だけど、大丈夫。
安心してね。
これは父から娘への遺言です。
だから他の人は読まないでください。
読んでもおもしろくないし。
ごめんなさい。
真悠、いつかメール頂戴ね。
待ってるで~。
メールの送り先:
maha.mahalo1116@gmail.com

最新コメント

カテゴリ